FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

冬の朝の大阪城公園

休日の日勤となった本日は、ランニングの格好をして自宅近くの京阪電鉄・香里園駅まで約1.5キロを走った後、職場の最寄駅より2つ手前の京橋駅で下車して大阪城公園の中を通り、職場までの約5.5キロをさらにジョギングしました。

左ヒザの半月板断裂に伴う痛みなどから約3カ月にわたって、ほぼ走れない状態になった後、長らくトレーニングができなかった私ですが、ここのところようやくほぼ痛みがおさまってロードバイクによる通勤を再開。
ランニングは駅まで1~1.5キロほどを何度か走った後、3日前に自宅周辺で3キロのジョギングをしていて、本日はようやく軽いジョギングとはいうものの、ようやく5キロ以上を走ることができたというわけです。

ここにきてランニングの再開に踏み切ったのは、明後日には、東京の明走会の仲間らと一緒に年末恒例の10キロレースに申し込んでいて、これをゆっくりペースであっても、なんとか完走して約3カ月ぶりの「復帰第1戦」にしたいと目論んでいるからでもあります。今回の痛みが最初にひどくなったのは、レースとロング練習を続けた翌日でしたし、その後もヒザに負荷をかけた翌日や数日後に痛みが出るということを繰り返しましたので、まだまだ不安はありますが、幸いこのところのバイクライドの後や3キロランの後も痛みはぶり返しておらず、久々の大会出場も、なんとかなりそうな感触が出てきています。

本日の大阪城公園のジョギングでは、仕事前ではありましたが、やや余裕を持ってスタートしたことから、途中で写真を撮りながら走ることもできました。
考えてみれば、これまで主に泊り勤務明けで昼前に大阪城を通ることはありましたが、朝の大阪城を走った記憶はあまりなく、冬の朝の斜光に照らされた風景は、ちょっと新鮮でした。

BL161223大阪城ジョグ1IMG_0901  BL161223大阪城ジョグ2IMG_0903  BL161223大阪城ジョグ3IMG_0896

BL161223大阪城ジョグ4IMG_0913  BL161223大阪城ジョグ5IMG_0920  BL161223大阪城ジョグ6IMG_0925

BL161223大阪城ジョグ7IMG_0928  BL161223大阪城ジョグ8IMG_0936  BL161223大阪城ジョグ9IMG_0943

生駒山から四条畷2

昨日、大阪と奈良の府県境にある生駒山に登って帰宅時のトレランをした際の写真を、もう1回掲載します。今回は生駒山の山頂を越えた後、大阪側の山腹にある「ぬかた園地」や、大きな溜め池の室池を通って、JR四条畷駅に着くまでに撮った12枚です。

ぬかた園地はアジサイ園で知られ、一昨年の7月2日には、やはり帰宅時のトレランでここを訪れた際、満開のアジサイが目を楽しませてくれましたが、それより1カ月余り早い今回は、アジサイはまだ咲き初めてもいませんでした。
その代わり、同じぬかた園地のかいわいで見事に咲き誇っていたのは、ハナミズキに近いヤマボウシ。
風車のように見える4枚の白い花びらのようなものは実は花びらではなく、元々つぼみを包んでいた総包片と呼ばれる部分で、青やピンクの花に見えるアジサイの花びらのような部分が、実はガクであるのに似ています。

BL160529生駒山2-1IMG_1872     BL160529生駒山2-2IMG_1879     BL160529生駒山2-3IMG_1877

BL160529生駒山2-4IMG_1887     BL160529生駒山2-5IMG_1881     BL160529生駒山2-6IMG_1862

BL160529生駒山2-7IMG_1902  BL160529生駒山2-8IMG_1898  BL160529生駒山2-9IMG_1892

BL160529生駒山2-10IMG_1904  BL160529生駒山2-11IMG_1907  BL160529生駒山2-12IMG_1910

散り初めても華やか

泊り勤務明けの本日は当初、雨の予報でしたが、天気はもって青空も見え、昼前に最寄駅から徒歩で自宅に向かう途中、近所にある成田山不動尊の境内を通って、桜を眺めました。

既に散り初めの段階にきている成田山境内の桜でしたが、地面に落ちた花びらも美しければ、木の上もまだまだ満開といっていいほどの華やかさでした。

BL150404成田山の桜1#SCF4171 BL150404成田山の桜2#SCF4162 BL150404成田山の桜3#SCF4176 BL150404成田山の桜4#SCF4178

走った!撮った!京都2015-10

本日からは弥生・3月で春本番ですが、大阪は1日中あいにくの冷たい雨となりました。
そんななか滋賀県では世界選手権の選考レースとなる「びわこ毎日マラソン」が開かれ、私も地元の淀川河川敷で開かれたマラソンにエントリーしていましたが、今回も体調不良のため棄権せざるを得ませんでした。

先月は大阪・MBS毎日放送の番組ランナーとして京都マラソンをファンランさせてもらいましたが、振り返ってみると昨年12月の東京での10キロ、先月初めの京都近郊でのフル、そして本日と、これほど体調を理由にして立て続けにレースを棄権してしまうシーズンは初めてです。
今回は、京都マラソンと1週間後の寝屋川ハーフマラソンを練習不足のなか走り、その間に愛猫チーコが急逝したことがたたって心身ともにストレスが最高潮となり、初めて経験する病気のため食事もろくにできない最悪の状態に陥りました。
それもこれも下地にあるのは着実に進む加齢なのですが、だからこそ無理は禁物で、休むべきときはとことん休んで体力も気力も1から立て直していくべきなのでしょう。

※※※

さて、そんなわけで新しい写真を撮るどころではなく、引き続き「走った!撮った!京都マラソン2015」です。
前回の後半に続いて今回と次回は、MBSの番組用に撮ったランナーの写真で、9枚ずつを掲載します。

BL150215京都マラソン10-1DSCF2564  BL150215京都マラソン10-2DSCF2560  BL150215京都マラソン10-3DSCF2567

BL150215京都マラソン10-4DSCF2579  BL150215京都マラソン10-5DSCF2570  BL150215京都マラソン10-6DSCF2594

BL150215京都マラソン10-7DSCF2623  BL150215京都マラソン10-8DSCF2620  BL150215京都マラソン10-9DSCF2616

ごぞんじの通り私はこれまで、ランナーの目線から見えるマラソン風景を撮るというコンセプトで、主に沿道で応援してくれる人たちやボランティアにカメラを向けてきましたので、「ランナーをメーンに撮ってほしい」という番組側からの要望には正直いって当惑しました。それでは「自分ならでは」の写真にならないのではないかと思ったからです。

そもそもランナーとしてマラソンを走る私は、42.195キロの間、応援し支えてくれる沿道の人やボランティアの全員に出会うことができますが、近くで走ることのできるランナーはごく限られています。
しかも応援やボランティアの人は、私がカメラを向けても、私自身が1ランナーですので他のランナーを応援するのと同じ自然な表情を見せてくれますが、一所懸命に走っているランナーの方々は、私が目の前に来て「撮らせてください」と頼むと、少なからず「何なの?」と疑問に思い、不快な気持ちになっても当然です。

そんなわけで私はこれまで、ランナーの方を狙う場合は、派手な仮装をしたり目だった動きをしたりして、撮られることに抵抗がなさそうな人を探すことにしていました。しかし今回の京都マラソンは仮装が禁止で、被写体を探すこと自体が困難を極めそうな気がしていました。

とはいうものの実際には、ご覧のとおり、楽しげに走るランナーの方々の笑顔を集めることができました。
仮装はしていなくても、粋な格好をしている方、ナンバーカードに自分のニックネームをプリントしている方、パワーが身体中から発散しているような方-など、撮影に応じてくれそうな方を探しに探した結果でした。

そんなふうに不本意な部分を残しながらの今回の「取材」でしたが、結果的には、こうして仮装していない方の楽しい写真を撮れたことは収穫でした。またテレビ画面を意識して、いつもは1人のランナーを狙う場合、画面を「縦位置」を基本にしていたところを「横位置」にこだわってみたことで、むしろ表情を大きく見せたり周囲の様子を広く写すことができたりして、これもまた悪くはありませんでした。

紅葉・落葉の生駒3

本日は泊まり勤務に入り、泊まり明けとなる明日はまた、大阪・奈良の府県境にある生駒山地のトレイルを走って帰宅ランをする予定ですが、先月30日に帰宅ランをした際の写真をもう1回、掲載しておきます。

今回は、コースのハイライトとなる室池を過ぎて、その近くにある堂尾池や「ほしだ園地」を通り、麓に下りてくるまでに撮った6枚です。大きなつり橋「星のブランコ」で知られる星田園地には、この1週間ほど前にも出かけましたが、そのときに色鮮やかだった木々の紅葉は一気に茶色っぽくなっていて、春と同じく、秋の山の景色も日々移り行くものだということを実感しました。

イチョウの落ち葉が黄色いじゅうたんのようになっていたのは、麓にある星田妙見宮そばの小川に沿った散歩道で撮ったものです。

BL141130紅葉・落ち葉の生駒3-1DSCF8732    BL141130紅葉・落ち葉の生駒3-2DSCF8744    BL141130紅葉・落ち葉の生駒3-3DSCF8734

BL141130紅葉・落ち葉の生駒3-4DSCF8752  BL141130紅葉・落ち葉の生駒3-5DSCF8749  BL141130紅葉・落ち葉の生駒3-6DSCF8755