FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

スライド盛り沢山に

コリアプラザ名古屋で開催中の写真展「走った!撮った!韓流マラソン」は、本日で実質14日間の会期中で7日目の折り返し点に到達したところです。

私は相変わらず昼休みや夕方の短い時間にしか開場に行くことができないため、来場された方の紹介など会場の様子を細かにお伝えすることはできませんが、本日は今週から上映する写真の枚数を増やして盛り沢山にした大画面モニターでのスライドショーなど、展示を改善した部分に加え、プラザの常設展示の一部を紹介します。

一方、次の日曜に予定しているフルマラソンに向けての調整としては、ほぼ最後のポイント練習として考えていた5キロのペース走に代えて、約4.5キロの出勤ランでペースを上げて走ってみることにしました。

バックパックに着替えなどを担ぎながらも、これまでに使っていたレース用のシューズを履いて少し頑張って走ったところ、所要時間は20分をなかなか切れなかったはずなのに、本日は19分19秒。
身体や脚は決して軽い感じはしませんでしたが、これは快走です。短い距離であれば、それなりにスピードを出して走れるようになってきたことを実感しています。

BL120125コリアプラザ1R0019802  BL120125コリアプラザ2R9290125  BL120125コリアプラザ3R9290131

コリアプラザにある大画面の液晶モニターでは当初、写真展で紹介している30数点の写真をスライドショーにして上映していましたが、今週からは、それにブログ用などに編集した写真を加え、100点以上を次々に見られるようになっています(中央)。

スライドショーは、大画面であることなどから近くで見ると画像が少し荒れてしまっているのが分かりますが、画面の一部がアップされるなどの凝ったエフェクト(映像効果)も加味されて迫力がありますし、枚数の制限やレイアウトの関係から割愛せざるを得なかった、おもしろい写真が「日の目を見る」格好で、次から次に飛び出しますので、じっくり見ていただいても、飽きることがないと思います。

私の力不足からスライドショーの編集は手抜きをして、持っていたフォトビューワーを使って出力していることから音楽はショーに合った形にはなっていませんが「走った!撮った!世界のマラソン」用に友人の音楽家・啓介さんが編集してくれた40数枚のBGM用CDを今回も使って会場にバリエーション豊かな音楽を流していて、プラザのスタッフからも好評をいただいています。

今回の写真展でもレイアウトや文字入りパネルのデザインを一手に引き受けてくれた駆けっこ仲間で、敏腕デザイナー・尚さんのつくってくれた写真展のタイトルパネルは、各大会のコーナーにも掲示してありますが、それに加えて大通り側のショーウインドーと、新たに廊下側のウインドーにも設置しました(左、右)。

BL120125コリアプラザ4R9290128  BL120125コリアプラザ5R0019804  BL120125コリアプラザ6R0019798

コリアプラザ名古屋の館内に常設展示してある工芸品のうち本日紹介するのは、まず韓国の伝統的結婚式の様子を描いた紙製の人形のセット(左)。

ここで描かれている儀式は、結婚式の際に新郎と花嫁が初めて顔を合わせて、お辞儀をするという「交排礼(キョベレ)」と呼ばれる儀式。
まず花嫁が2度お辞儀をした後、新郎が1度お辞儀をして、これを2回繰り返すのが作法で、昔はこの儀式が2人にとって初めて顔を合わす機会となったことから、互いにチラチラと相手の顔を盗み見たと言われているそうです。

廊下側の入り口近くに展示してある伝統衣装の人形が演奏しているのは韓国の伝統的な楽器である「カヤグム(伽耶琴)」(中央)。
12本の弦が12カ月を、また長さの5尺(約1.5メートル)が韓国の古典音階の5音を表しているとのこと。
人気の韓流テレビドラマ「ファン・ジニ」で美人女優のハ・ジウォンが演じた技生(キーセン)の主人公は、カヤグムとともに、6本の弦のコムンゴと呼ばれるもう1つの伝統的な琴の名手でもありましたが、コムンゴの方はバチで弦を弾いて演奏し、魂を揺さぶるような荒々しい音色が特徴的です。

慶州さくらマラソンの展示コーナーや、大型モニターのあるコーナーの右側にある壁際の展示スペースで見られる大きなパッチワークの布は、ポジャギと呼ばれる風呂敷のようなもの(右)。
高麗(コリョ)時代(918年~)に作り始められて、朝鮮(チョソン)時代(1392年~)に盛んに使われた布で、風呂敷と同じように者を包んだり、お膳にかぶせたりするのに利用されるほか、最近では敷物やカーテンにもなる伝統工芸品だということです。

旧正月で小休止

「コリアプラザ名古屋」で開催中の写真展「走った!撮った!韓流マラソン」は、韓国の旧正月(ソルラル)を迎えた昨日、それにちなむイベントが開かれたことから小休止となりました。

私は仕事があったためにイベントに参加することはできませんでしたが、遅い昼休みに短時間だけプラザに立ち寄って、韓国の伝統衣装(韓服=ハンボク)姿になった韓国観光公社名古屋支社の美女スタッフやイベントの様子を少しばかり写真に収めてきました。

韓国でこのブログをご覧のみなさま、遅ればせながら「セヘ ポン マーニ パドゥセヨ!(新年に福を沢山お受けください=あけまして、おめでとうございます)」です。

BL120123旧正月1R0019782 BL120123旧正月2R0019744 BL120123旧正月3R0019646 BL120123旧正月4R0019784

コリアプラザ名古屋で開かれていたのは、大通り側のウインドーに案内があるように「ソルラル(旧正月)体験イベント」。日ごろプラザに出入りしている人たちや韓流ファンに韓国の旧正月ならではの食べ物を味わってもらったり遊びを楽しんでもらったりするという催しです(中央右)。

プラザを運営する韓国観光公社名古屋支社の日本人スタッフは、いずれも留学経験があって韓国語がペラペラで韓国の文化にも精通していて、しかも美女ばかり。
そのうちプラザの運営や受付を担当される沙織さんは受付カウンターの中で(左)、済州島で100キロのサイクリングに挑戦した経験もお持ちの綾夏さんには伝統菓子(ハングァ=韓菓)を差し出してもらって(中央左)、そして広報などを担当される和代さんはヨンさま・ピョンさま(イ・ビョンホン)の(記念撮影用)書き割りの前で、それぞれ、いわゆるチマ・チョゴリの韓服姿を撮らせてもらいました。

BL120123旧正月5R0019777  BL120123旧正月6R0019759  BL120123旧正月7R0019765

私がプラザを訪れた際、繰り広げられていたのが、竹製の矢を、数メートル離れた所に置いた壺に目がけて投げ入れようとする「トゥホ(投壺)」という遊びのトーナメント戦。
数10人の参加者の代表の方々が次々に対戦して、決勝戦が近づいているところでした。

見事に優勝されたのは長身の男性(中央)。
準決勝の際だっとと思いますが、見事な一投が決まる瞬間を撮ることができました。

そして優勝者が挑戦したのは、日ごろからプラザで投壺の腕を磨いてられるという韓国観光公社名古屋支社の支社長、金世満(キム・セマン)さん(左)。
やはり見事に矢が壺に吸い込まれる瞬間を撮らせてもらい、ご本人には大喜びしてもらいましたが、優勝者との対戦では、あと一歩のところでイベント参加者に花を持たせられました。

イベントのため、写真展の写真ののうち、臨時のついたてを使って展示していた2大会分は、いったん片付けられていましたが、壁に設置した慶州さくらマラソンの写真などは、そのまま(右)。
イベントの前後には、参加者のみなさまにご覧いただけたようです。

旧正月の小休止を挟んで、コリアプラザ名古屋では本日から再び、「走った!撮った!韓流マラソン」の展示をご覧いただけるようになっています。
開催期間は2月3日まで(土日は休館)。まだいらしてない方は、ぜひ、お立ち寄りください。

オアシスにもDM!

昨日の夕方、私は東京から名古屋へと戻る前に、皇居の外周歩道を2周走ってきましたが、その際に荷物を預けて着替えをした、日比谷のランニング用品店に併設されるロッカー&シャワー施設に「走った!撮った!韓流マラソン」のDM(ダイレクトメール用はがき)を置いてもらいました。

本日は、その施設「ランニングオアシス日比谷」の様子と、その後に東京駅で新幹線に乗る際、たまたま入線していた線路の点検用車両「ドクターイエロー」などの写真もオマケに掲載します。

BL120122オアシス1R0019720  BL120122オアシス2R0019712  BL120122オアシス3R0019715

ランニングオアシス日比谷は、全国一といえるランニンググッズの品ぞろえを誇る「アートスポーツ」の日比谷店に併設された施設です。
私は東京で勤務していた際の職場が店から遠くない汐留にありましたが、皇居を走る場合には利用し慣れた半蔵門の銭湯を着替え場所としてメーンに使っていたことから、オアシスを使うのは初めてでした。

昨日の私は上野に近い御徒町にあるアートスポーツの本店でシューズなどを新調した後、皇居を走ることに決めましたが、その後に東京駅に戻ってくることを考えると、半蔵門などでは足の便が悪いことから、東京の隣駅・有楽町から歩いて5分ほどのオアシスを試してみることにしました。

オアシスは店の裏手にある、洒落た海の家のような、あるいは学校の体育クラブの部室のような別棟(左)。
この中に、1泊旅行の荷物も収まるロッカーとシャワーが並んでいます。

オアシスの受け付けは店の2階にあって、ここでアートスポーツのポイントカードを提示すれば、銭湯並みの500円という安い料金で施設を利用できます。
利用時間は平日なら昼前から午後10時までで、日曜は早朝からやっているものの閉館時間は午後7時。
受付の美人スタッフ・早織さんの写真を撮らせてもらった際、既に受け付けは終了していて、その旨を告げる表示板がカウンターに置かれていましたが、早織さんは、それをサッと脇にやって笑顔を見せてくれました。

アートスポーツでは、私が銀座や日本橋で写真展を開いた際に、そのチラシを上野の本社を通じて各店舗に配り、店頭に置いてくれましたが、今回の写真展は会場が名古屋だけに、DMを置いてもらうことを事前には考えていませんでした。
しかし、私がオアシスを利用したように、東京駅に近いここなら出張などで上京するランナーも多く利用するのではないかと思い立ち、美人の女性店長に頼んだところ、店長はオアシスの受付の前にDMを置くことを快く許してくださいました(中央)。

BL120122東京駅1R0019726  BL120122東京駅2R0019730  BL120122東京駅4R0019742

名古屋に戻る途中、東京駅から新幹線に乗ろうとホームに上ると、ちょうど列車が入線してくるところで、車内の清掃作業に入る女性たちが、おそろいのピンクのユニフォームに身を包んで整列されていました(左)。

そこで、ふとホームの反対側に目を向けると、止まっていたのがドクターイエロー(中央)。
滅多にお目にかかれないというドクターイエローを間近に見られるなんて、ラッキーな気がして、この後、多くの乗客と一緒に車体にカメラを向けて何枚も撮影した上、出動していくところまでおさえました(右)。

明走会のチームカラーであり、阪神タイガースのカラーであり、このブログのデザインの基調色ともなっているイエローの車体を撮った写真は、予想した通り、ブログのページとお似合いでした。

韓国観光公社HPで紹介!

名古屋市内で16日から始まった写真展「走った!撮った!韓流マラソン」は3週間の開催期間のうち1週目が無事に終了しました。

今回は残念ながら、私本人が昼休みや夕方などに短い時間ずつしか会場にいることができず、ご覧になってくださった方々の様子を、じかに見ることがほとんどできませんが、会場の「コリアプラザ名古屋」を運営する韓国観光公社名古屋支社の支社長、金世満さんが「評判は上々ですよ」とおっしゃられるように、まずまずの滑り出しのようです。

本日は大手新聞にも紹介の記事を掲載していただいたほか、韓国観光公社のホームページにも、イベントの情報が既に掲載されているなど、写真展についての情報も広めていただいていて、来週以降、さらに多くの来場者が期待できそうです。

さて、たいへん恐縮なのですが、私のDMなどでコリアプラザの開館日について「土・日曜休館」としてありますが、実は来週月曜の23日は、プラザそのものは開館しているものの、展示スペースを終日、別のイベントで使うことから、一般の方々に写真展をご覧いただくことができません。
この日に来場を予定していただいていた方は、翌日以降に予定を変更していただきますようお願い申し上げます。

BL120120韓流5日目R9290042  BL120120韓流5日目2R9290039  コリアプラザHP

私は本日も、夕方の閉館前に短い時間しかコリアプラザに行くことができませんでしたが、ちょうどその際に、金世満支社長がいらっしゃったことからツーショットを撮ってもらいました(中央)。
今回の写真展も金世満支社長や公社のご厚意で開かせてもらったものですが、金支社長はまた、済州島にある韓国最高峰の漢拏山を舞台に登山競走を開こうという私のアイデアについて「ぜひ実現したい」と強力にプッシュしてくださっていることから、今後も引き続いて、大変お世話になります。

韓国観光公社は韓国の政府関係組織で、海外の出先として最も重要な日本国内では、主要都市に幾つもの支社を設置していますが、その各支社発の情報を統合したホームページに「韓流マラソン」写真展の情報が、写真入りでアップされています(右)。
韓流ファンや韓国への旅行を計画している人の多くが訪問するこのサイトに、写真展の情報を掲載してもらえるというのは、とても光栄なことです。
http://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/MA/MA_JA_9_1_3.jsp?cid=1535540

今回の写真展ではマラソン3大会の写真合わせて34点に加えて、慶州さくらマラソンの際に撮影した大会の前夜祭や慶州市内のスケッチの写真を現在、12点展示しています。
展示の準備作業がギリギリになったことから、これらプラスアルファの写真についてはこれまで、写真説明を付けていませんでしたが、やっと1枚ごとのキャプションを加えることができました(左)。
さくらマラソンで広報親善大使を務める増田明美さんが、ウオーキングの部の参加者らと一緒に歩く様子などを紹介しているこのコーナーも、どうぞお楽しみいただければと思っています。

「Run up」にDM!

本日は「走った!撮った!韓流マラソン」の4日目を迎えましたが、私が会場の「コリアプラザ名古屋」に顔を出すことができたのは昼休みのわずかな時間だけ。
その際には知人など特別な来場者はなく、本日は会場でのネタは特になし。その代わり、昨日の会社帰りに走りながらDMを預かってもらいに行ったランナー向けのシャワー&ロッカー施設を紹介させていただきます。

BL120118ランナップ1R0019652  BL120118ランナップ2R0019655  BL120118ランナップ3R0019654

名古屋でほぼ唯一の「ランステ(ランナーズステーション)」型施設であるこの「Run up」は、私が通勤ランで良く走る「100メートル道路」内の久屋大通公園に面していて、地下鉄駅からもすぐ(中央)。
しかも、名古屋一のランニングスポットである名古屋城・名城公園にもほど近いという抜群の立地にあります。

しかし、これまで私がナイトランをする場合の着替え場所として使ってきたのは、ランニング仲間の仕事場の都合などから名古屋駅に近いスパ付きのホテルで、Run upに立ち寄るのは、実はこれが初めて。
普段利用してないのに、DMだけを預かってもらおうなどというのは虫が良すぎますが、美人マネージャーの敦子さんは、通勤ラン姿で突然現れた私の説明を一通り聞いてくれた後、その場でカウンターにDMを置いてくれました(右、左)。

この後、私はトライアスロン向けのスイムの練習をするのに使う中心街のスポーツクラブにも立ち寄って、DMを置いてもらいましたが、ランナーの多くが利用する「Run up」に協力いただけると、まさに百人力。
今後、韓流ファンに限らず、多くのランナーにもコリアプラザを訪れてもらうことが期待できそうです。

名古屋ウィメンズマラソンの開催が近づき、特に女性ランナーでにぎわっているという「Run up」は、地下鉄桜通線の久屋大通駅「1A」出口からわずか3分。
早朝からオープンしているということですので、名古屋にお住まいの方は女性ランナーに限らず男性もどうぞ一度お試しください。私も遠からず、おじゃましようと思っています。
http://www.run-up.net/