FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

家庭菜園、秋の収穫

自宅そばの家庭菜園では、先ごろ秋の初めの作業としてジャガイモの種芋やハクサイ、ブロッコリーの苗の植え付け、そしてダイコンの種まきを済ませていますが、菜っ葉類などのさらなる種まきは、土の中に残っていた昨シーズンの種から育ったラッカセイやシソなどの収穫・整理ができないため進まないままでいます。
そんななか、虫に食われるなどしながらも夏越しの野菜の収穫は日々続いています。

BL190920収穫1IMG_2675  BL190920収穫2IMG_2683  BL190920収穫3IMG_2687

このところ収穫の続いている野菜のうち、シソの仲間としてはまず、バッタの被害を派手に受けながら、なんとか日々食べることができているのがエゴマ。
トマトと混植して、トマトの収穫が終わった後も茂り続けているバジルは先日、葉を大幅に取ってバジルソースになりましたが、あっという間に元通りに近い格好に戻って、引き続き料理に使うことができています。
そしてシソは、葉が小さくなり大葉としての収穫が難しくなってきたかと思うと、一斉に花穂が伸びてきていて、肉料理や刺し身のツマとして重宝しています。

ほぼ終わったはずのミニトマトや四季なりイチゴも、わずかながら収穫があり、夏場に葉がかたくなっていたミツバも再び収穫できるようになっています。

夏場以来の青物野菜の中核として次々に収穫してきたクウシンサイも、成長がややにぶり、立派な葉の多くがバッタに食われていますが、それでもほぼ毎日収穫することができます。
またこのところどんどん収穫できているのはササゲ。早々と収穫が終わってしまったツルインゲンとは対照的に、30センチ前後もあるサヤが次々に伸びてきて、豆好きの子どもたちにも好評です。ツルムラサキは初めのころに大きな葉を取り過ぎたのが良くなかったのか、昨シーズンまでに比べると元気のないままでしたが、それでも何日かおきに収穫できます。
また写真にはありませんが、今年初めてトライしたモロヘイヤは、3株だけですが収穫すればするほど次々に新しい芽が伸びてきて、やはり青物野菜の一つとして重宝しています。

ほぼ収穫が終わったニガウリも、ごく小ぶりながら少しずつ実が膨らんでいただくことができています。
ナスに比べ、雑草に負けてしまったのか出来が良くなかったシシトウも、気がつくと既に赤くなってしまったものも含めて少しずつの収穫ができています。

韮、小豆、里芋にも花

自宅そばの家庭菜園では、先ごろ苗を植え付けたハクサイやブロッコリーが根付いてくれているものの、虫除けの布「寒冷紗」のトンネルをかぶせているというのにバッタやカタツムリなどが侵入して、葉を食べられてしまう前に株が大きくなれるかどうかが勝負となっています。
また同時期にまいたダイコンも、何カ所かで発芽したばかりのところを根切り虫にやられ、時間差で追加の種まきをした結果、なんとか1カ所に1本の苗は育ってくれそうです。

そんななか、既に植え付けているニラやアズキの花が咲き、夏場に元気をなくしていたオクラもこのところ再び花や実を付けるようになったほか、これまで見たことがなく珍しいと言われているサトイモの花も次々に開いています。

BL190918野菜の花1IMG_6642  BL190918野菜の花2IMG_6645  BL190918野菜の花3IMG_6659  BL190918野菜の花4IMG_6654

9月初めの植え付け

家庭菜園では、夏野菜の植え付けや種まきをする5月初めに続いて、9月初めは秋から冬にかけて収穫する野菜の植え付けなどで忙しい時期です。
一昨日から昨日にかけては暑さが戻るなか、秋ジャガイモの種芋やハクサイ、ブロッコリーの苗の植え付けなどを汗びっしょりになりながら進めました。

BL190908畑1IMG_6409  BL190908畑2IMG_6404  BL190908畑3bIMG_6398

今の時期はバッタが大量に発生して、あまり虫のつかないエゴマの葉やクウシンサイまでも穴だらけにしてしまうため、ハクサイやブロッコリーの苗を植えたりダイコンの種をまいた畝には、すぐさまネット状の布・寒冷紗をトンネル状にかけて防御態勢を整えました。

ジャガイモは植穴に枯草を入れると良いと書いてある教科書もあり、夏の間に何度も雑草を刈って畝の上や通路上に放置してできた枯草を入れたうえ、乾燥防止などのため畝の上にも再びのせておきました。

初夏までそれなりに収穫を楽しむことができたイチゴは、親株から地面上に伸びた「ほふく茎(ランナー)」の先に子どもや孫に当たる株がつくられています。そのうち孫の苗は来月あたりに植え付ける来春用の苗にするためポットに移しておくべきだとされ、この作業もこの間、何度かに分けて進めました。

畑のバッタ、カメムシ

泊まり勤務明けの本日は午後に曇り空の下、まさに草ぼうぼうになっていた家庭菜園の草刈りに精を出しましたが夕方前、預かり保育先の幼稚園に子どもたちを迎えに行く直前から雷を伴った強い雨が降り始め、予定していたニンジンの種のまき直しやイチゴの苗をポットに移す作業などはできないままに終わりました。

雨が降る直前、わずかばかりのせん定を終えたナスの葉や本日もたっぷり収穫したミニトマト、やはり毎日収穫が続くエゴマの葉の上で見つけたバッタやカメムシなどの写真をアップしておきます。

BL190823畑の虫1IMG_5998  BL190823畑の虫2IMG_6018  BL190823畑の虫3IMG_6023

台風一過の家庭菜園

お盆休みに西日本を直撃した台風が去り久々にまとまった雨が降ったことで、乾ききっていた家庭菜園の地面がようやく少しうるおってホッとしたところですが、それなりの風が吹いたことからツルインゲンやキュウリなどのために組んでいた2カ所の支柱がいずれも傾き、とりあえずの応急処置を施したところです。

そんな中、収穫が終盤になっていたキュウリやトウモロコシは台風を機に完全に終わり、実ものの夏野菜としてはミニを中心に豊作となったトマトがまだまだ取れて食べきれないほど。クウシンサイなどの真夏の葉物野菜も依然として順調です。
というわけで昨日と本日に撮った野菜の様子をアップしておきます。

BL190817菜園1IMG_5942  BL190816菜園2IMG_5906  BL190816菜園3IMG_5912

BL190817菜園4IMG_5936  BL190816菜園5IMG_5915  BL190817菜園6IMG_5933

葉物ではクウシンサイのほか今年初めて植えたモロヘイヤも順調で、ツルムラサキもぼちぼち伸びてきています。
昨年以上に葉の収穫が順調なエゴマは、昨シーズンの畝でこぼれた種によってサツマイモの間からも伸びているほか、なんと自宅前の植え込みや、その外側からも生えてきていて、毎日いただいても食べきれないほどです。

やはり今年初めてまいたゴマの方は、台風前の日照りで元気を落としていましたが、やや盛り返したようで、咲き続けるピンクの花の下方にはサヤも伸び始めています。