“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

全記事表示リンク

街灯に照らされる畑

七夕などおかまいなしに西日本を中心に降った大雨による被害はますます拡大して、まさに涙雨となり、午前中から夜までの日曜の勤務となった本日も、明日は「新聞休刊日」だというのにもかかわらず引き続き普段以上の忙しさでした。
ただ、大阪では当初もう1日降ると予想された雨がようやく上がり、日中には晴れ間も。とはいえ、豪雨の後の淀川河川敷はまだ水浸しのままだと予想されたことから何日も休止したままのロードバイクによる自転車通勤はもう1日お預けにしました。

そして駅から歩いて帰宅する途中、自宅のそばにある家庭菜園の前で足を止めて、大雨の影響が気になる野菜たちの様子を少しだけ眺めてみました。
前にある街灯や家の灯りによって照らされた畑の様子は、高感度に強くなった今のコンパクトデジカメなら十分に写すことができます。そのうち道路わきの畝に植えたトウモロコシは、肥料不足のためか伸びがイマイチでしたが、数日前から雄花をつけ始めています。また隣に植えたツルインゲンは、混植したオクラよりも先に伸びきって、まだまだ食べごろのサヤを次々に下げています。

BL180708夜の菜園1IMG_6281  BL180708夜の菜園2IMG_6279  BL180708夜の菜園3IMG_6283

七夕もまた雨もよう

西日本を中心に降り続く記録的な豪雨による土砂崩れや河川氾濫の被害は拡大するばかりで、朝早くからのシゴトもまた猛烈な忙しさになりましたが、夕方以降は幼い子ども2人と一緒に留守番をしなければならなかったため、ほぼ普段通りの時間に帰宅させてもらい、風呂や食事のめんどうをみることになりました。

それでも泊まり勤務明け翌日の休みが今回は1日だけだったことから疲れは抜けきっておらず、子どもたちの世話は楽しいものの、疲れた心身には追い打ちをかける負担ともなります。そんなグチをこぼすのはひとえに年を食ってしまったためなのでしょうが、日々クタクタになりながら中身の濃い毎日を送らせてもらっていることは事実で、感謝しなければなりません。

そんなわけで辛うじて明るいうちに帰宅しましたが、食事の準備に先立っては、小雨の降るなか息子と一緒に近所で笹を調達するなど七夕の笹飾りづくりもしました。

BL180707七夕1IMG_6258  BL180707七夕2IMG_6264  BL180707七夕3IMG_6274

七夕を前に息子も幼稚園から笹飾り用の笹の枝をもらってきていましたが、飾り付けができないでいるうちに笹の葉は乾いて丸まってしまい、新たな笹を昨年と同じく近所で調達することになりました。
息子と傘をさして出かけたのは自宅から500メートルほどの小山のわきにある空き地で、ほどよい大きさの雨に濡れてみずみずしい笹の枝を取ると、大きな青虫がついていて、この青虫は再び笹やぶに逃がしてやりました。

息子は幼稚園で笹飾りもつくっていたとのことですが、昨日は休園させてお医者さんのハシゴをしたため飾りを持ち帰ることができませんでした。そのため笹の枝には娘が保育園で作ってきた牽牛・乙姫の紙人形や、新しく書いた短冊を飾ることにしました。
金釘流で読みにくい字ながら、ひらがなを書けるようになっている4歳の息子は自ら「ひらがながじょうずにかきたいからおねがいします」と健気な願い事を。

息子はまた、私が何を書こうかと悩んでいると、書くべき願いごとを3項目教えてくれました。
そのうち「ニュースのしごとをがんばれますように」「ビールやおさけが(たくさん)のめますように」-という2項目には彼の気遣いを感じてうれしく思いましたが、「わかものにもどれますように」は、ちょっと嫌味な感じもして余計なお世話だと言ってやりたくも思いました。

雨でもたっぷり収穫

本日も1日中の雨、さらに明日も明後日も雨の予報となり、各地で記録的な大雨による災害が広がることが心配されます。

そんななか本日は当初、近くで独り暮らしをしている父を行きつけの医院に連れて行く予定でしたが、歩くのに杖が必要な本人が雨の中での外出は控えたいと言ったため、代わりに雨で登園時間が大幅に遅くなった息子を休ませて、この間の健診でひっかかるなどしていた眼科、歯科など3つのお医者さんに連れて行くことになりました。
幸いにも彼は小さな虫歯が確認されて治療を始めたほかは大きな問題がないことが分かり、ホッとしましたが、医者のハシゴだけでほぼ1日が過ぎていきました。

掲載する写真は、その息子と一緒に作って窓に吊るしてあるテルテル坊主と、雨が小やみになった夕方の家庭菜園で撮ったサトイモの葉についた水滴、それに畑でたっぷり収穫してきたトマトなどです。
どんどんとれるツルインゲンに加えて、少しだけですがオクラの収穫も始まっています。

BL180706雨に収獲1IMG_6249  BL180706雨に収獲2IMG_6237  BL180706雨に収獲3IMG_6239

たわわに成るトマト

梅雨空が続き、あまり水はけの良くない家庭菜園の野菜の様子が日々気になりますが、そんな心配をよそに野菜たちはそれぞれのペースで成長を続けているもようです。

そのなかでも好調なのは、既に紹介している通り大中小合わせて16株を植えたトマト。雨が降ると実が割れやすいとされる大玉の6本の上にビニールシートの屋根を設置した効果もあって、普通は栽培が難しいとされる大玉をはじめいずれも、たわわに実が成って、毎日のように食卓を彩ってくれています。

BL180705トマト1IMG_6205  BL180705トマト2IMG_6217  BL180705トマト3IMG_6208

胃腸カゼに粥・梅干し

本日は泊まり勤務に入りましたが、3日ほど前から発症した胃腸のカゼがすっきりせず、日中は床に臥せて休養をたっぷり取り、仕事に備えました。
昨日からの食事も、お粥に梅干し、うどんなど、あっさりしたものを少量いただくにとどめ、水分もたっぷりとったところ、なんとか体調は回復傾向になってきています。

ということで掲載する写真は、そのお粥や自家製の梅干し、それに家庭菜園のナスを使った、やはり自家製の糠漬けなど。
漬物は、うっすらときれいな紫色にひかれてカメラを向けましたが、大根おろしの入ったうどんは、ちょっと箸をつけた後に撮ったため盛り付けた姿が少し崩れてしまっています。

BL180703胃腸カゼの食事1IMG_4733  BL180704胃腸カゼの食事2IMG_4741  BL180704胃腸カゼの食事3IMG_4771

茅の輪姿なく七夕へ

たまにしかない外での宴席が続いたためか、行き慣れていないプールに続けて入ったためか、昨日あたりから胃腸のカゼにかかり、まともに食べられない状態に陥っています。それでもそうやすやすと仕事を休むわけにもいかず、本日も新たな同僚と一緒に研修を兼ねたシフト勤務をこなしました。

体調不良のためロードバイクに乗っての自転車通勤ももちろんお預けで、帰りがけに近くの神社に立ち寄って、これからの夏を健やかに過ごせるようにとお参りをしてきました。
といいますのも、この神社では先日、夏を無病息災に過ごせるようにと祈る神事「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」があって、カヤで編んだ大きな輪をくぐる「茅の輪(ちのわ)くぐり」も行われたからで、確か例年、数日の間はその茅の輪が設置されたままになっていたように覚えていたからです。しかし、暗い参道の石段を上って本殿の前に来てみたものの、茅の輪の姿はなく、石段の手前の鳥居わきには七夕の笹飾りが立てられていました。

掲載した写真の3枚目は、神社のそばから、新しくできる道路の工事現場の方を撮ったもの。
道路になる場所の中央部分には、下水道関連の施設をつくるための仮のプレハブが建てられています。

BL180703さだ神社1IMG_6181  BL180703さだ神社2IMG_6189  BL180703さだ神社3IMG_6177

夕方の街でひと泳ぎ

1年足らず前から新しい職場で勤務している私ですが、7月が本格的にスタートした本日から4日間は、新しい同僚の研修を兼ねて一緒にシフトをこなす研修期間となり、本日はまず朝の早い時間から夕方前までのシフトでした。
さらに2時間ほど後には会議や歓迎会を兼ねた食事の席も設けられたことから、その合間に電車で2駅先にあるスポーツクラブに出かけて1キロ半ほどのスイム練習をしてきました。

BL180702コナミ1IMG_6170  BL180702コナミ2IMG_6172  BL180702コナミ3IMG_6173

これまでは大阪都心の職場近くで泳ぐ場合、やはり地下鉄で2駅先にある公営のプールを利用していましたが、先日出かけたところレーンの大半が子どもたちのスイム教室に使われて大人用のレーンは混み合っていたうえ、水も濁って気持ちよくなかったものですから、本日は会社が法人契約しているスポーツクラブをのぞいてみることにしました。

同じ系列のスポーツクラブは名古屋に住んでいた際に良く利用していたほか、大阪でも自宅近くのクラブで既に会員登録を済ませていることから、都心のクラブも新たな手続きをすることなく、公営プールとあまり変わらない料金で利用できます。
ただ、このクラブは京阪電鉄やJR環状線・片町線、それに地下鉄の駅もある繁華街の京橋エリアにあって、利用者が多いような気がしたことから、これまでは敬遠していました。

ところが本日出かけてみると、夕方の早い時間だったこともあってか、8レーンもある水のきれいなプールはガラガラに近い状態で、1レーンを独り占めしてマイペースで長い距離を気持ちよく泳ぐことができました。
しかも公営プールと違ってロッカーもきれいで広々としているうえ、シャワーだけではなく暖かいお風呂もあって、汗を流しさっぱりとして会議や宴席に臨むことができたというわけです。