“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

全記事表示リンク

朝に咲く野菜の花々

世の中はお盆休みの期間に入っていますが、本日の私は夕方からの泊り勤務。掲載する写真は、朝方に自宅そばの家庭菜園で撮った野菜の花です。

BL170811野菜の花1IMG_8134  BL170811野菜の花2IMG_8138  BL170811野菜の花3IMG_8131

トマトやキュウリなどナス科の夏野菜は既に収穫のピークが過ぎたもようで、畑の眺めも秋めいてきていますが、そんな中、コンスタントに実をつけ続けているのがオクラ。
熱帯の花、ハイビスカスと同じアオイ科のオクラの花は、色こそ薄黄色で、赤いハイビスカスとは印象が違いますが、花そのものの形は似ています。このオクラの花は食用になることから、私は当初、自分の畑のオクラも花を食べてみようと思っていましたが、実際に収穫の時期になってみると、花をとれば実がならないように思えることから食べてはいません。

といいますか、こうして朝方に開く花ですが、太陽が昇ってしまうと早々にしぼんでしまうため、なかなか開いた花を見ることができないのです。

そういえば、並べて掲載した唐辛子の花もゴーヤの花も、朝方は咲いていますが、その後は、あっという間にしぼんでしまいます。
朝のうちに咲いて昼にはしぼむ花といえば、伝統的なアサガオを思い起こしますが(最近主流になってしまった青紫のセイヨウアサガオは一日中、開いているようです)、こうしてみると、朝だけに咲く花というのは、むしろ普通なのかもしれません。

ちなみに「韓国激辛唐辛子」と名付けられた唐辛子は、薫り高く辛い緑色の実が、本場・韓国で言う「プッコッチュ(青唐辛子)」そのもので、焼き肉をいただくのに重宝してきましたが、このところ実をつける勢いが落ちてしまいました。
また、次々に実をつけることで知られるゴーヤも、「1株で十分」と言われるところを2株植えてあるのですが、これまではまだ3、4個しか収穫しておらず、かなりのブランクをあけて、ようやく小さく下がっている次の実も1つだけ。粘土質でやせた畑の土が、いかに菜園向きでなかったかを思い知っているところです。

昨日今日バイク通勤

静岡の「沼津千本浜トライアスロン」に参加して今年のトライアスロンシーズンは、いったん区切りがつきましたが、昨日と本日はロードバイクに乗っての自転車通勤によるトレーニングを再開しています。
といいますか、まだまだ暑いうえ、半月板の断裂したヒザの状態がスッキリせず、バイクでは全く問題がないものの、沼津のランでは少し痛みが出たこともあって、日常的なトレーニングは当面、通勤ライドをベースにせざるを得ないのです。

とはいえ、ランニングをさぼった代わりに続けてきた通勤ライドの成果があってか、沼津のバイクパートでは、ほとんど抜かれることなくゴボウ抜きをして順位を上げることができましたので、単調な淀川河川敷などを繰り返し走る通勤ライドのモチベーションが少しばかり上がっているところです。

通勤ライドによる成果というのは、なんといっても走り込みの量をかせぐとともに、姿勢や体重のかけ方などを試行錯誤しながら効率の良い脚や体の動きを身に着けられることですが、特に出勤時に遅れまいとして時に向かい風の中を多少しんどさを感じながら頑張ることもパフォーマンスの向上につながっているようです。

実際、以前は強い向かい風の際、簡単に25キロ以下までスピードが落ちてしまっていましたが、このところは少々の向かい風なら27~28キロを維持できるようになっていて、往復コースだった沼津でも向かい風気味の往路でほぼ30キロを維持したうえ、復路で33~34キロで飛ばせたことから事実上、平均30キロオーバーの記録を出すことができました。

そんなわけで昨日と本日の通勤ライドの際に撮った写真3枚を掲載します。

BL180810バイク通勤1IMG_3956  BL180810バイク通勤2IMG_3960  BL180809バイク通勤3IMG_3947

夕暮れ後も蒸し暑い屋外のテラスで多くの人がグラスを傾けているのは、職場から50メートルほどのレストランバー。
幼い子どもたちが待つ自宅へと毎日バイクで直行する私にとって、仕事帰りの人が集まる飲み屋さんは、すっかり疎遠になっていますが、テラスの光がちょっと素敵なこの風景には少しだけ目がいってしまいます。

伸びた夏草ばかりが目立つ通勤コースの淀川河川敷ですが、今朝は、しぼみかけた月見草の花が目に止まり、一時停止しました。
夕方には、大川の上に覆いかぶさるような雲を天神橋から撮ろうとしたところ、ちょうど水上バスが近づいてきました。

沼津グループショット

3日前に行われた「沼津千本浜トライアスロン」の会場などで撮った写真を、もう1回だけ掲載します。
今回は会場で撮ったグループショットが中心です。

BL170806沼津グループ1IMG_8036  BL170806沼津グループ2IMG_8034  BL170806沼津グループ3IMG_8045

BL170806沼津グループ4IMG_8044  BL170806沼津グループ5IMG_8049  BL170806沼津当日6IMG_8077

まずは、ゲストとして大会に参加していたお笑いコンビ「デンジャラス」のノッチさんと仲間らが一緒に撮らせてもらった2枚。
番組収録も兼ねるなどしてロングのトライアスロンも複数回、完走されているノッチさんは本格的なアスリートで、今回も私より1分ほど早くゴールされ、その後、ゴールしてくる参加者らをゲートのそばで出迎えてられました。

マラソンやトライアスロンに出ても、一緒に参加する一般の人たちに愛想よくしてくれない芸能人・有名人の方々も多いなか、こうして頼まれるまま写真撮影にも応じてくれるノッチさんは、ちょっと例外的な存在。
宣伝や売名だけではなく、競技そのものを楽しんでられるからこそなのでしょうが、こんな風に接してくれると親近感も一段とわくというものです。

続いては、長年の駆けっこ&トラ仲間であり、飲み友だちでもある雄ちゃんとのツーショット、初トライアスロンでゴールされた暢子さんや年代別1位のお富さん、同3位の淳子さんら女性陣と、雄ちゃん、宗明さん、雅昭さんの「輪行3兄弟」でした。
そしてオマケは3兄弟や暢子さんが、帰りがけに沼津駅前でバイクをたたんで、電車に持ち込むための「輪行袋」に入れる作業をされている様子です。

沼津トラ全員ゴール

一昨日の「沼津千本浜トライアスロン」に出場した明走会トライアスロン部のメンバーたちのゴールシーンを紹介します。

既にお伝えしている通り、私にとって7回目の沼津となった今回は、トライアスロン初挑戦のメンバーが男女2人いましたが、その2人を含めて参加メンバー全員が完走を果たしました。

FB170806沼津ゴール2IMG_8011  FB170806沼津ゴール1IMG_8008  FB170806沼津ゴール3IMG_8012

FB170806沼津ゴール4IMG_8013  BL170806沼津ゴール5IMG_8022  FB170806沼津ゴール5IMG_8014

  FB170806沼津ゴール6IMG_8016  FB170806沼津ゴール9IMG_8030  FB170806沼津ゴール7IMG_8017

  FB170806沼津ゴール8IMG_8025  FB170806近藤さんゴールIMG_8035  FB170806沼津ゴール10IMG_8032

1種目目のスイムでもたついた私ですが、バイクは快調に飛ばすことができて、時間差のウエーブスタートで2分前に泳ぎ始めていた雅昭さんと宗明さんをバイクコースの途中でかわし、あわよくば真っ先にゴールして全員の写真を押さえられるかもしれないと思いましたが、そうは問屋が卸しませんでした。

ヒザの不安もあってランの練習をほとんどしていなかった私はランコースに入ったとたんに大失速。たった5キロしかないというのに快速ランナーの雅昭さん、宗明さんに早々に抜かれて、実際の記録も3番手のゴールとなり、お2人の写真は、私自身の写真とともに既にゴールした後のものとなりました。

私は家族で「同伴ゴール」をしましたが、仲間の中では最後に戻ってこられた初トライアスロンの敏仁さんは、私を除くメンバー全員が一緒にゴールテープを切ることにしました。
こうした同伴ゴールこそ、トライアスロンの楽しみの1つで、夏場に開かれることもあって開放的な雰囲気のするトライアスロンを、いっそう盛り上げてくれます。

台風に向かって帰阪

静岡県の「沼津千本浜トライアスロン」に参加した昨日は、大阪に戻るまでの距離のちょうど半分あたりにある愛知県蒲郡市の西浦温泉に、もう1泊しました。

トライアスロンを応援してくれた子どもたちに海水浴を楽しませてやろうと、西浦ではビーチのすぐ前にあるホテルに宿泊したのですが、その目論みは残念ながら実現しませんでした。
といいますのも、トライアスロンの際に九州の南海上を北上していた台風5号が四国南岸を進み、本日はついに紀伊半島に上陸したから。昨日の夕方に西浦に着いた際はまだ比較的おだやかな天候で、夜にはビーチで打ち上げられた手筒花火を部屋から見ることができましたが、今朝からももう断続的に強い雨が降り、ビーチのヤシの木は強風を受けてたわみそうになるほど。
本日は定時前にチェックアウトして帰路に就きましたが、風雨のため高速道路で速度制限が続いて、思いのほか時間がかかり、真っ直ぐ帰るよりも疲れてしまうほどでした。

まあ、それでも当初、実施されるかどうかが心配されたトライアスロンのスイムが中止にならずに済んだだけでも御の字なのでしょうが、子どもたちには借りができてしまったようで、なんとか今月中に海水浴の機会をつくってやりたいと思っています。

BL170806西浦1IMG_8086  BL170807西浦2IMG_8099  BL170807西浦3IMG_8100

沼津トラ快走、快食

本日は明走会トライアスロン部の仲間たちと一緒に、8月第1週の恒例としている静岡の「沼津千本浜トライアスロン」に参加して、全員で無事完走を果たしてきました。

このトライアスロンはスイム750メートル、バイク20キロ、ラン5キロの「スプリント」の大会。
私の成績は1時間30分25秒で、ゴールした181人中88位、50代男子では41人中13位。通勤ライドで鍛えたバイクのラップは全体の45位だったのに比べ、真っ直ぐ泳げなかったスイムや、ヒザの不安などからほとんど練習できなかったランがふるわず、仲間うちでは3番目でしたが、今の自分としてはまずまずの結果で、気持ちよくゴールしました。

仲間の中では同年代の敏仁さんと、若手の暢子さんが初トライアスロンで見事にゴール。お富さんと淳子さんは年代別で1位と3位。やはり仲間での大会参加はメチャ楽しく、刺激にもなりました。

FB170802沼津集合レース後2IMG_8039  FB170806近藤さんゴールIMG_8035  FB170802沼津集合レース後3IMG_8042

FB170802沼津集合打ち上げIMG_8061     BL170806沼津当日5IMG_8074     BL170806沼津当日4IMG_8067

掲載した写真は、初トライアスロンで見事完泳・完走された敏仁さんと一緒に仲間が同伴ゴールするシーン。
それにゴール後、ゴールゲートと海をそれぞれバックに撮った記念写真2枚。

恒例の打ち上げ会場である洋食屋さん「千楽」の沼津駅北口店が休みだったため訪れた本店での乾杯シーンと、2年ぶりにいただいた名物「カツハヤシ」の大盛り。
店を出る際に撮った敏仁さん、宗明さん、雄ちゃんの「輪行3兄弟」のグループショット-です。

カツハヤシの大盛りは一昨年にも北口店でいただいていましたが、今回はいっそうボリュームがあって、スプリントのレースをゴールするより以上にガッツが必要となりました。
横に座っていた敏仁さんからは「私たちの年代が注文してはいけない量ですよ」と言われながら、なんとか完食を果たしましたが、短いレースの後にこれをいただくのは、どう考えてもカロリーの摂取過多です。

まあ、それでも楽しく美味しくいただけましたので、これはこれで良しとして、この後に秋のマラソンシーズンに向けて、頑張って練習量を徐々にでも増やしていければと思います。

7回目の沼津トラへ

明走会トライアスロン部の仲間たちと明日参加する静岡の「沼津千本浜トライアスロン」を明日に控え、本日は大阪から長距離をドライブして現地入りしました。

部の「指定レース」となっているこの大会に私が参加するのは6年前以来、今回が7回目。
今回は九州の南方から台風が近づいていて、スイムが無事に行われるかどうかが心配ですが、山間部を通ったドライブ中に時おり雨が降っていたものの、現地は好天で海のうねりもまだ大きくはなっておらず、なんとか泳げそうに思えます。

昼すぎに現地入りした後は、沼津港の海鮮料理店で仲間たちと合流してランチをいただき、会場と宿舎に寄った後は港近くの地ビールの店で一杯、さらに定宿の「すいほう園」で夕食をいただいた後にも、控えめながらミーティングを兼ねた部屋飲みで明日の健闘を誓い合いました。

明日のレースは、スタンダードな距離の半分の「スプリント」で3種目を合わせた所要タイムは1時間半ほど。ランニングでいえばハーフマラソン程度だということもあって、リラックスして臨むことができます。
とはいうものの、今回のメンバーのうち男女2人は明日が初トライアスロンで、他のメンバーに比べると多少の緊張もうかがえました。明日は全員完走を果たして、笑顔で祝杯を上げたいものだと思います。

BL170805沼津前日1IMG_7947  BL170805沼津前日2IMG_7937  BL170805沼津前日3IMG_7939

BL170805沼津前日4IMG_7956  BL170805沼津前日5IMG_7986  FB170805すいほう園2IMG_7995